じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

余韻。

$ゆるくないべさ Vol.2
そば哲
勇払郡安平町東早来259-39

期待にいろんなところを膨らませてメニューを見れば、ありました。ハマボウフウ
ふた昔前は、砂浜へ行けばけっこうあったんですが、今は栽培ものだそうです。そうはいってもエーゴでいうところのスプラウト。新芽にはエネルギーがたくさん宿っていますから旨いに決まっています。ありがたくいただいてまいりましたとさ。香り・苦み・味。粗塩をちょこんとつけて食べればたまらんのです。

雪まつりが3月まで延長したところでたいした支障がないであっただろうこの冬、やっと春が来た感じ。o(^▽^)o

$ゆるくないべさ Vol.2
いつもながら上手に打たれた蕎麦。あぶった長ネギの食感も香りもいい感じ。

ミシュランが何チャラということもないけれど、接客もいい、なんてったって温蕎麦でも蕎麦本来のプリプリ感と口の中で広がる香り、味がいい。絶妙な茹であげなんだろうね。これはこれで素晴らしいのです。ヾ(@°▽°@)ノもう少し出汁が利いたらもっと好き。

内緒ですが、漬物が苦手のはんかくさいおっさんもレジの横の漬物もかなりいい感じ。それじゃ、漬物で余韻に浸るとします。