じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

いいでしょう。

$ゆるくないべさ Vol.2
麺の房 たけ田
札幌市東区32条東18-1-11 デリーラ 1F

「元町Jスコの横の通りを行くと、「タケ〇」っていうラーメン屋さん知っていますか?」と、同僚に聞かれ「その名前知らない。」(恥)「どこにあるの?」
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ですから、しばし、googleマップを見ながら談義すれば、屋号三文字の最後が違うんでないの「ダ」だってば。(笑)

「それで旨いんですか?」かなり前の記憶をもとに「うん。普通に旨いよ。」と答えたからにはオトナですから自分の言葉に責任を持つべきだと思うので行ってみましたとさ。

$ゆるくないべさ Vol.2
不測の事態が起きたのか父さんが、ケータイでガナリたてる店内。いい加減にしろい!\(*`∧´)/
カウンター越しの手渡し技。来ましたコレデスコレ。てっちゃん風の香り。背脂チャッチャ。啜れば濃厚な醤油。固めに茹で上げられたプリプリの縮れた縮れ麺。ご当地サッポロに根付いたラーメンの一種ですなぁ。

$ゆるくないべさ Vol.2
後客の御仁が、味噌大盛り、麺カタメチューンを申し出ていましたが、よほどグルテン分解酵素をお持ちなのでしょうなあ。

どうも調子悪い。調子の悪い時はおとなしくするのがイチバンで、「オトコにも更年期があるっていうから・・・」などと諌められても・・・ちょいとしょっぱさが際立つ一杯だったかな。

気になってネット見たら、「てつや」の遺伝子を持つ「ゆげや」→「開業」らしい。なるほど、ビジュアル的にも「ゆげや」こってりに似ている。好きこそ物の上手なれ。DNAが伝わる味。

ガサツなおっさんがちょいと下がり気味。そんな時は、今流行りのコレでも聞くか。ガンバラないけどいいでしょう!?。