じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

桜咲く。

$ゆるくないべさ Vol.2
大和
札幌市清田区北野五条2-2-16 第八邦人館  1F

ホワイトストーンのナンゴーあたりで蕎麦と思いついたらここへ足を運んでしまう今日この頃です。かしわせいろ600円。このクオリティでこの価格。自分が見える小さな世界じゃたぶん札幌一番かもしれない。
蕎麦を盛る器をせいろから漆器に変えたようです。これならこぼれないから、まあいいか。

$ゆるくないべさ Vol.2
隣の男女の連れの方々の喰いっぷり良かったな。
無言で「ズルズルッ。ズズズッ。」のいい音。して、最後には「ゴチソウサマデシタ。」とトレイを太い腕にあずけ、さらっとお会計をすまして帰るあたりが西部劇のヒーローのようでした。
粋の何たるかもよく知らないのですが、蕎麦喰いをたしなむためには男も女も無口な方がいいのかもしれません。
いやいや、無口にさせるくらいそそられる蕎麦だということなのかと思うと、またイキたい、満足度MAXの蕎麦でした。

屈強なオトコが摩り下ろしたであろう生姜の香りが薬味の薬味たる役割を果たす所以を知ることができたやっとこすっとこ桜咲く昼です。