じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

組合せ。

$ゆるくないべさ Vol.2
しらかば茶屋
美唄市茶志内3区

美唄と聞いて何を思い何を憂うかは人がココロに思うことは誰にもとめることができないのですが、「とりめし」という平仮名四文字にそそられるのも性ってもんです。
甘しょっぱく少し脂っぽい鶏めし、おまけにこの塩ラーの旨さと言ったらそりゃあもう、ゴルフ帰りのミスターライオンが予約するのもわかる気がするってーもんです。

$ゆるくないべさ Vol.2
硬めに茹で上げられた麺と程よい塩味。美しい鶏脂。ぼそっとしたチャーシューの食感。いやはや、技ありですわ。鶏めしとラーメンを同時に食せば、鶏を余すことなく旨みを引き出している。ラーメンだけでも勝負できるんでないの。

$ゆるくないべさ Vol.2
とりめしが売り切れる前に是非。ご利用は計画的に。

$ゆるくないべさ Vol.2
連れの醤油セット。

$ゆるくないべさ Vol.2
この地へ来た前回は蕎麦とのセットでしたが、いい組合せはラーメンに決定。1+1=なんまら旨いの数式が成り立つドライブイン。