じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

バランス。

$ゆるくないべさ Vol.2
Ag
札幌市豊平区三条9丁目9-18

そろそろ季節も落ち着いてくれるといいですね。植物には積算気温っていうのがあって、花咲く時期も大体推定できるようですが、ダンガンで釧路から夜行バスを利用し、ついでの仮眠のため帰省したボンズは「やっとフキノトウが・・・。」「釧路って桜の木がある・・・の?」とのたまう始末。そりゃ、そこに住まう方に失礼ってもんでしょ。数十分会っただけで、すでにいませんが・・・(笑)

失礼が無いように、食券制に従います。醤油です。
あまたの煮干し系ラーの中でも、かなり繊細ですね。湯気とともに沸き立つ香り。細麺。チャーシュー。小松菜。いい「塩梅」という言葉が似合うラーメンでした。

$ゆるくないべさ Vol.2
本当は全部飲み干せること請け合いなのですが、最近は遠慮するようにしています。

$ゆるくないべさ Vol.2
積算気温の賜物。速めの昼飯を済ましてちょいと散歩。ブワーっと咲き乱れる某公園の桜。

毎日の積み重ねがあるから、こんなにおいしいラーメンになるんですね。

バランスを欠いている最近の自分にホッとする味。