読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

たまたま。

$ゆるくないべさ Vol.2
丸亀製麺

先日は釜玉たまたま内地へ行ってきたのですが、かがわ県出身の御仁にしばらくぶりに会いまして、「どう?じょっぴんかってる?しばれてる?ゆるくない?」と、ちょされる始末で(笑)、「したっけ休暇中に、香川県にうどん食いに行ったべさ。」と言ったら、感激してくれるわけですが、そこはそれ互いにオジサンを喜ばすリップサービスとわきまえつつも事実をお伝えしたわけです。「来るんだったら教えてくればいかったっしょ。こんな感じで言えばいいのかい?」にわか北海道弁も下手になっています。(笑)
そんなこんなで「丸亀」のハナシになりまして、その瞬間が思い出になる前に「釜玉」うどん330円。

まあいつもの味ですが、パートのおばちゃんたちもこなれてきていると言ったら失礼ですが、熟練の客さばきですな。

前客には、丸亀デビュー戦かのような皿にたくさんトッピングかあさん。(ほらほら、言わんこっちゃないお子様と二人前で千円超え。ゴージャス。)

先日新聞でうどんが何チャラという、ホッカイドーのTV局製作ワイドショーの番組表を見たもんだから録画して見てみたのですが、「なんだよ、おれに聞いてくれよ。」などと、生意気なことをつぶやいてしまうあたりが幼稚なのだと自戒の念に苛まれてしまったりしますが、床屋さんがやっているうどん屋さんより、こっちの方が完成度高いんでないのかな。

そんなこんなで、ラーメン食べたい。食べたい。

この釜玉?安心の味に決まってるしょや。うどん県生まれの方も支持している。