じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

したから。

$ゆるくないべさ Vol.2
侘助
札幌市東区北21条東16-2-29

美しいですね。
旨いものはこうでなくちゃいけないわけで、おいしいものを愛でるという所作の刹那もこれまた、あずましからずやと思う次第です。

東からクマが闊歩するであろう西の手稲山を見れば、やっと頂上の雪も消えつつあるあたりが夏の訪れなのでしょう。思い起こせば、今シーズン山に登ったのは、真冬で春山は紳士服のお店くらいでお茶を濁している程度なのです。

ビジュアル。香り。いい脂加減。柔らかチャーシュー。いいんでないのかな。しばらくぶりだったのですが、少し麺がツルっとした感がありました。これはこれで旨し。

相変わらずの「したからどうしたの?」という、人生相談のコーナーで翻弄される日々です。この一杯に向き合うと、安心。ふるさとの一つとなっていマウス。