じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

夏。

$ゆるくないべさ Vol.2
シャカリキ
札幌市豊平区豊平4条6丁目1-18

内地の人には笑われちゃうかもしれないのですが、蒸し暑いわけでの暑さに弱いホッカイドー人です。かといって、寒さに強いかといえば、一昔前の冬は冬でガンガンと暖房の目盛を揚げTシャツでアイスクリームを食べるのが正しい冬の過ごし方だったりしたものです。(懐)
そんなわけで、夏の正しい過ごし方は、まだ気温MAXの前にJOGで汗をたっぷり流し、昼は「サッパリとした辛いモノ」に決め、クルマのエアコンガンガン冷え冷えで向かうわけです。

$ゆるくないべさ Vol.2
ニンニク使い方。なかなかの手練れだなどと、ナメタことを書いてしまうと笑われるのですが、いい。サッパリとした辛さとコク。白いゴハンでも成立するべな。などという邪推はおいといて、麺そのものをより味わえるので、新鮮だったです。

$ゆるくないべさ Vol.2
つけ麺といえばスープ割り。
これがまたいい。蕎麦あたりは、蕎麦湯で割ると、ほほぉ〜ぅ(*^o^*)とそのお店の実力が判ったりして楽しめるのですが、まさにそれです。粉チーズがいいシゴトしている。

$ゆるくないべさ Vol.2

$ゆるくないべさ Vol.2
朝は、JOGで汗だく。
昼は、カレーつけ麺で汗だく。
夕食当番で蕎麦を打てば汗だく。

カレーでを乗り切りたい方の選択肢に入れてもいいんでないのかな。

このメニュー定番にならないんだべか。(*^▽^*)