読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

バトル。

$ゆるくないべさ Vol.2
拉麺 Shin.
札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3

熱いバトルも今日はお休みです。バトル相手が休んでいるんだからしょうがない。互いに譲らないしなやかな技の応酬の柏鵬戦をなぞらえた名勝負を期待し、一人で紙相撲をトントンとやってみてもつまらないので、つまるところは熱いラーメンです。"エアコン設置”とのことだったので、炎天下の熱いラーメン。快適。(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
どうも最近は恥をかいても、汗をかいても、体重が落ちない日々です。齢を重ねたこの我儘なカラダはエナジーを消費せず蓄積だけを目的に蠢いているような感があります。

$ゆるくないべさ Vol.2
飲み干した者だけが鑑賞できる丼の底。しばらく来ない間に丼がオリジナルになっていたんですね。

$ゆるくないべさ Vol.2
公園の小高い所にある東屋を通る風が心地いいんです。ベンチで少し横になれば、そばでテニスに興ずるファミリーの元気で楽しそうな声。若さと活気がうれしくもありやかましくもあり、「どこまで行っても我儘なものだなあ」と、すっきりとした後味の余韻に浸る昼下がりも、自分の骨盤と同じようなゆがんだ成果主義に翻弄されるなか、余裕かましたりするのも、シゴトでバトルがない土曜日の正しい過ごし方なのかもしれません。

もちろんエアコンのおかげで、熱さとのバトルには勝利させていただきました。(笑)