じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

いろいろ。

$ゆるくないべさ Vol.2
鬼はそと福はうち
札幌市中央区伏見1-3-11

節分でもありませんが、カレー饂飩が食いたいというので札幌のビバリー・ヒルズです。やっぱり高級車と、オサレなオネイチャングループとアベックの溜まり場で、カレー饂飩といえば、セルフの丸亀くらいしか行かないものですから、背筋が伸び、言葉づかいの正しいであろうもてなしはニガテな類です。(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
和風出汁の利いた、マイルドな辛さのカレー饂飩。見た目もビューティフル。うめぇ。

タネモノトッピングで4ケタ!なわけで、シンプルに角煮カレーうどん

流石、サッポロの街を見下ろす高級住宅街。何処の町も高級住宅街は、「地盤が良く高台である。」と相場が決まっているわけで、不動産取得手続きの際に「ここは出水区域」ですと説明を受けなければいけない、下々の民には敷居が高いかもしれませぬ。

$ゆるくないべさ Vol.2
いろんなシーンにカレーはいます。
ただ、ゴージャスなこのお店のスタンプカードは・・・。

$ゆるくないべさ Vol.2
関係ありませんが、先日食べたときめいたたまゆら(近所の日帰り温泉のカレーライス(350円)なまら旨かったです。
人生いろいろ。カレーもいろいろ。

$ゆるくないべさ Vol.2