読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

納得。

$ゆるくないべさ Vol.2
そば屋 けん豆
札幌市豊平区平岸5条7-8-27 新晃ビル1F

確信犯的な旨さです。知ってはいたけれど、今日はやたら旨く感じました。
生業となるとプロですから、お母ちゃんと口げんかをしようとしまいと、毎日毎日同じ味を作ることができるわけですが、素人ですからその時その時で、旨さレベルが変わってしまうあたりが素人の浅はかさです。
こんな粗挽きどっかで食ったことあるんですが、老いは都合の良いことだけ覚え、都合の悪いことは記憶のはるかかなたに追いやる習性がすっかり身についてしまいました。(笑)

蕎麦本来の香りの強さと味わい。なんてったって、茹で上げ水でしめピンと角が立った蕎麦の食感。ちゃんと中まで熱が通っている。うまいもんです。濃いめのつけ汁もいいわ。

$ゆるくないべさ Vol.2
ちょいとググったら真狩の「いし豆」さんの系譜みたいです。
いつもへたくそな手打ちそばを食べてくれたうちのボンズがあまりの蕎麦の風味の濃さに、ノックアウトされた「いし豆」さん出身なら納得できる。(*^▽^*)
オモイダシタ。オモイダシタ。

$ゆるくないべさ Vol.2
自分で挽いてるんだべ。新蕎麦の季節が楽しみ。

$ゆるくないべさ Vol.2
「疲れた」というより、どうも最近は少し走ると右足の膝が痛いのです。ホンキでやせないと先が思いやられる。難しい事は置いといて私なりのペースでもいいでしょう。(笑)