じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

迷わず。

$ゆるくないべさ Vol.2
輪厚SA

電灯や暖冬の意味を多少は知っているのですが、電動?いやいや「殿堂」入りが云々と紹介されていました。孤軍奮闘。オトコは外に出ると7人の敵が・・・手強いであろう輩とのバトルの前にせわしない精神統一にはラーメンです。

セルフの意味を前向きにとらえるか後ろ向きにとらえるかは、自分のココロが決めるわけで、「何でも黒くしちまえばいいのは、ろけん・ろーって決まってるんだから、カレーの次はラーメン?」

厨房で働く昔の娘母さんたち。ごめんなさい。びっくりした。黒醤油ラーメン旨かったです。

$ゆるくないべさ Vol.2
サッポロラーの伝統を重んじる縮れた卵めん。ゴージャスな具材。にしても真っ黒け。

$ゆるくないべさ Vol.2
真っ黒でも塩辛くないマイルドなコクと甘さと香り。
うどん・そばコーナーの母さんが、どなたかの領分のラーメンコーナーまで出しゃばり、食券を受け取り、連携よろしく秒殺で調理する姿を垣間見れば、セルフサービスだからこそ贅沢なラーメンに仕上がっているんだなぁ。得した気分。(笑)

ちなみに、手強いであろう輩はとてもいい人達でした。相手を理解し受け入れる。缶コーヒー(一箱)技は有効に機能しました。(笑)
先入観を持たずセルフサービスを理解し受け入れる。セルフも侮れない。

どんなことも危ぶんでばかりじゃ前に進まない。