じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

真理。

$ゆるくないべさ Vol.2
伊佐美屋 そば処 分店
小樽市新光5-19-11

なんとかかんとか、7月も終わりです。死ぬまで長生きしたいタイプの自分にとっては短い1か月で神武天皇に始まる日本の歴史からはほんの刹那であることは言うまでもないのです。
ここで歴史を論じたところで、浅はかな歴史観ではボロがでるのがオチなのでやめときます。

長く続くには何か秘訣があるのか知りたいのですが、大概は「当たり前のことをずっと続けているだけっす。」的答えしか返ってこないのが世の常でして、建物の古さは感じても清潔な店内。こんなところからして、自分が思う「かくあるべき」天ぷらそばの形。ヾ(@°▽°@)ノ

$ゆるくないべさ Vol.2

しかしまあ、同じ仕事を続けていれば、最近は昔の知り合いに会うことが多く、取引先を離職したあんちゃんと10年ぶりくらい「あら元気そうで・・・、ラーメン食ってる?」。残念ながら会社がダメになった元社長さん「しばらくだね。」「いやいや〇☓さんこそ、こちらにいらっしゃって・・・。その節はお世話に・・・」としばし昔話。
へなちょこを忘れないでいてくれていることに感謝しマウス。

「真理」という言葉を調べてみましたら、「いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の筋道。真実の道理。」だそうです。

かつお、昆布、みりん、しょうゆ。どれもこれも強く主張しないで絶妙な調和。さくっとした一本筋の通ったぷりぷりの海老天。旨いねぇ。こんなスタンダードな味だからこそ「真理」なわけで、だから長く続くんだべね。

朝はほうれんそうのおひたし食ったっけ。まだ、朝飯のメニューを忘れないでいる。でも「真理」にはたどり着かない。(笑)