読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

押し出し。

うどん

$ゆるくないべさ Vol.2
壱の家 南郷通店
札幌市白石区南郷通2南11-15

後ろについた車の方々ごめんなさい。だって、歩道をそこのけそこのけチャリンコに乗ったチャンネーが通るので仕方ないのです。法令遵守。存在は認識しておりましたが、なかなか足が向かなかったわけで、初めて伺えば、あらま明日(8月4日)閉店・・・。

$ゆるくないべさ Vol.2
決して悪くはないんだけれど、例のチェーン店に寄り切られ押し出しを食らったのかもしれませぬ。

$ゆるくないべさ Vol.2
まあなんですが、「手打ち」ってーのは大変なことで、作り手の良心というのかその持ち味が一杯の丼に反映されるわけだから厳しさもあるんだと思う次第です。余計なお世話ですが、客席だったりお店の器がでかすぎたんでないのかな。
いまじゃ、セルフうどんの丸亀っちやら伊予ちゃんやらがサッポロの街にも拡散して、それがまた旨いと来たもんだからしょうがない。行列に並べば、絶妙な動きを示す大和製作所の若大将(製麺機)の動きがいいのなんのって、ズーッと見ていたい。

何はともあれ、2年と少しお疲れ様でした。
水上町のかがわ軒さんの後にもお店を出したけれどあっという間になくなってしまいましたね。(ちなみに今日、その場所は「牛骨ラーメン彦一 8月6日 オープン」という張り紙を見ました。)

食べるだけの自分ですが、明日閉店と知ると少し悲しく、またどこかで出会えたらいいかもしれない饂飩だったのです。お疲れ様でした。