読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

一善。

カレー

$ゆるくないべさ Vol.2
マルトマ食堂
苫小牧市汐見町1-1-13 卸売り市場内

大切なことは伝承する必要があります。

マルトマデビュー戦のあんちゃんが「何が旨いんですか?」
「しったっけ、きまってるべさ。カレーだよカレー!」
「はあ・・・。」

$ゆるくないべさ Vol.2
兎に角、ホッキ祭り。「ホッキハンバーグ!」(ノ゚ο゚)ノ

$ゆるくないべさ Vol.2
凄い割引率(笑)

この街に存在するとある食堂のホッキカレーは、茹で上げたホッキを〇☓製のルーカレーにトッピングしたようなもので、互いが主張しあっている「ホッキ」+「カレー」。ところが、さすがマルトマ。ホッキとカレーが渾然一体となったコクと旨みの美しいハーモニー。
たまらんのです。

ちなみに、飛行機を見上げながら千歳で追い越した自転車ツーリング中のあんちゃんたち。ちんたらと国道を流し途中一仕事を終えた小動物。

たどり着いたのは、同じマルトマ。

伝承なんぞなくとも、マルトマはランチの道標として灯台よりも輝いているようです。

ちなみに、同伴のマルトマデビュー戦アンちゃんの「」は感動に変わったことは言うまでもありません。

生きるということは恩を受けること。生きていくということは恩を返すこと。もちろん、そんな大げさなことでもないのですが、未来多き若者に対し、「一日一善」。伝えなければいけないことはたくさんあるわけです。

自分と同じく親近感がもてる小動物の父さんの小気味いい動きも見どころ。失礼しました(笑)

まったく関係ありませんが、とあるところにしこり。(恥)WEBで調べりゃ、たいしたことないからホットキ!うーん、気になる。病院行った方がいいべか。