じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

憧憬。

$ゆるくないべさ Vol.2
麺肴 よしず
札幌市豊平区平岸2条3丁目2-22

メニューが変わってからラリホー初訪。
減りましたね。それはそれでいいと思うのです。新聞も本も読まない(それがすべてと言っているわけではないのであしからず)ゆとり世代と接していると、「すいません。この報告書見てもらえますか。」「主語」がない。「て」「に」「お」「は」がなっていない。句読点がでたらめ。そんなとき、「自分で読み返しておかしいと思わないかい?」「おかしいと思います。」「どこが?」「ここと、ここと・・・。」「したっけ、変だと思った文章は、変なんだからやり直し。」「してさ、その報告書の期限今日中だってしってるべ。」と、同じ日本語教育を受けたであろう若者に夜の8時に言うことがあります。(笑)

潔いほど減りました。シンプルにしていいんでないのかな。ハナシは違うけれど、自分が旨いと思うものはきっと伝わる。

$ゆるくないべさ Vol.2
コクと深みと口の中に広がる香り。旨い。

今日は見上げただけの八剣山と同じく、また行きたい憧憬です。

今日も変な文章を書き込んでしまった。(笑)