じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

慢心。

$ゆるくないべさ Vol.2
ファイヤーバーグ 新道店
札幌市東区北30条東20丁目3-13

もはや戦後ではなかったのですが、初めて見た海の浜辺にはトーチカというコンクリートの塊があって・・・冷凍のマルシンハンバーグってーのがあって、衝撃を受けたんだ・・・などと言おうものなら年齢不詳。年齢詐称と言われちまうのですが、大魔王の好物だったっけなぁ・・・と向き合うハンバーグです。

$ゆるくないべさ Vol.2
確かカンちゃんのお父さんはサラリーマンなんだけれど、兵役に行っていたという設定だったはずで、星一徹も同じく兵役の経験者で魔送球を研究開発したんだと思います。

だからどうしたということでもないのですが、ハンバーグって、穀類や魚類、野菜を食べていた日本人が西欧諸国の食文化の肉食に入るきっかけを作った食べ物の一つなんだろうなと思うのです。

旧来の日本食は質素でビタミン欠乏だったかもしれませんが、今の三大成人病は少なかったんじゃないのかな。

そんなわけで、デフォのハンバーグ。ワンコイン。これはこれで旨いっしょ。

ハンバーグにコショーをかけて、「ハクッション」。

もちろん大魔王はそばにいません。慢心しないように心がけます。(笑)