じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

慮る。

$ゆるくないべさ Vol.2
そば処 芝源
札幌市北区新川4条11丁目8-25

我儘ってやつはどこにでも存在するんだなぁ。と、これまた我儘な自分が思うくらいだから、あのオツボネ様はよっぽど我儘なわけで、満たされない欲求を他人に差し向けるあたりが、これまた幼稚でどうも大人の集まりには、あまりにも幼稚で似つかわしくなく困ったもんです。すべからく、木を見て森を見ずというのか、他人を理解し「慮る」という事も教えてあげたいのですが、何かを言えばハラスメント。今更、箸の持ち方を矯正しようとしたところでどうにもならない歯がゆさ

「カレー南」一筋の方の気持ちを慮らんと暖簾をくぐることにしちゃったんです。(笑)
目の前に出されたら、はみ出す餡。湯気がいい感じで漂い、カレー餡と空気が置換しプクッと気泡が破裂し、カレー味が香るあたりがエンターテイメントです。白いシャツを気にしながら、ソローリ・・・ソローリ・・・と口に運べば・・・

カレー南一筋の方に屁のツッパリはいらんですよと頭をカチ割られた気がする。旨い。(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
ちなみに「カツカレー南」なるメニューに気を取られましたがそこはガマン。帰宅すれば、「トンカツ」が出迎えてくれました。おかあちゃん。君の揚げたカツを食べたかったんだよ。テレパシーで夕食わかったさ。(笑)

「カツカレー南」気になる。この丼にどんな風に乗っかってくるんだべ。見るだけでもいいかもしれない。

カレー南一筋のココロがわかるの
もう少し甘くてもいかったかな。