じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

辛抱。

そのまんま東 其の1

$ゆるくないべさ Vol.2
南蛮酊
釧路郡釧路町遠矢1-39

世の中にはそら恐ろしい食べ物があります。並みで頼めば垂直方向に13センチメートルくらいに盛りつけられたザンギ。いわんや、小食な動物なら4人前。フードファイターなら、おやつ代わり。くらいの量です。もう笑うしかないわけで、対峙する自分の顔が他人の前で引きつっていない笑顔であったことを祈り、箸をとりました。

$ゆるくないべさ Vol.2
カラッと揚がったザンギ。サッパリとしたタレ。これだもの。みんなはまる味だわ。

$ゆるくないべさ Vol.2
まあ、これはこれで遅めの昼飯でザンタレ定食をつつきながら、「ところで、晩飯何にするかな。」「じゃ4個くらい残してやめよーっと。」(負け惜しみでなく完璧に食えましたね。カラダは小動物でも、胃袋は人並みのようです。(笑))

$ゆるくないべさ Vol.2
ドキュメント

13:08 入店の意志があることを申告
13:47 店内からのお呼び出しで入店。オーダー。
14:17 ザンタレ登場

辛抱することを知りました。
辛抱の値打ちある味。旨。

ちなみに、隣のテーブルに配膳された「大盛りザンタレ定食」。大笑いするしかなかったのは言うまでもありません。

続編はありますが、大笑いは期待しないでください。