読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

旅。

ラーメン 白石区

$ゆるくないべさ Vol.2
菜々兵衛
札幌市白石区川下3条4丁目3-21

街角を一つ曲がればそれはもう旅です。どうやら美人が多い界隈に突入してしまったようで、普段とは変化のある環境に身を置いてみるのもなんともあずましいものです。
時代が違えば美人だったであろう母さん方が「もっと席数増やせばいいのにねぇ・・・。」「いやいや、そういうベクトルで物事をとらえるのではなく、背伸びしないでできるだけの範囲で「初心忘れべからず」と厨房に掲げたスローガンを行動に移すことが尊いんです。」と説教でもこいてやろうかと思いましたが、外で並びからほどなくして入店。

しばらく来ないうちに厨房内のアシスタントが変わったようで、緊張感あふれる険しいカオが減ったような気がします。そんなことは置いておいて初めての「味噌ラー」。ヾ(@°▽°@)ノ

$ゆるくないべさ Vol.2
爪楊枝をシーハーやりながら出てきた父さんのいうところの「やさしい味」ってーのも確かに大変美味しゅうございますが、味噌だって旨い。ほんのりと山椒の聞いた合わせ味噌。ガツンとアブラギッシュはこのお店には似合わないですが、なくたってインパクトあったなぁ。

$ゆるくないべさ Vol.2
ラヂオから流れる♪ちあきなおみ。いいねぇ〜。

$ゆるくないべさ Vol.2
この一杯に拍手喝采。美人の多いエリアの旅に出てみるものです。