読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

外。

ラーメン 南区

$ゆるくないべさ Vol.2
ふくろう屋
札幌市南区澄川6条3-5-21

毎日毎日冷たい雨かと思えば、霙だ霰だ・・・。寒いべ。そんな日は、少しだけの温もりが欲しいわけで、街路樹と縁石に気を付けてクルマを停める駐車場です。その昔、伏見にあった頃、このラーメンは、ベンツやBMWまあVWくらいなら許してやるか・・・的な様相を呈していたイメージだったので軽四輪のハンドルを握り、丼のご尊顔を拝しに行ったことがあるチャレンジャーだったりしますた。

合わせ味噌・胡桃・スープ・・・頑張って濾しているんだと思います。手間のかかったすっきりとした味噌味。プリップリの麺。ガツンはないけれど、上質な感じ。

$ゆるくないべさ Vol.2
粗野なシゴトなものですから、降るな言っても雨は降る吹くな言っても風は吹く・・・うまく行かない。「いつかはまた晴れる日が来るから」という、希望というか慰めをかみしめ、啜る一杯に明日のサービス出勤に幸多かれと祈りをささげるという方法が残っている事を認識しまス。(笑)

明日も外。

どんな事があろうと、色々あるから楽しい。
と、思えるようになれたらいいな。

島倉千代子さんのご冥福を祈ります。