じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

正論。

$ゆるくないべさ Vol.2
スリランカカレーの店 チャンドリカ
札幌市東区本町2条4丁目5-1

なんて躾の良いお子ちゃまでしょう。口髭を蓄えたらマリオ!?と見まごうばかりの父さんがコップに水を注げば「ありがとうございます。」とはっきりとした、お礼の言葉。きっと将来は立派な大人になるでしょう。
始めて見た世界地図にはスリランカ?っていう国のある場所はセイロンって言ったはずで、一度この国へ旅行したことがあるセンセイから紅茶の美味しい国と習ったような気がする立派でない大人です。少し調べてみると、おぼろげな記憶はまんざら間違っていたわけでもなく「正論」だったわけで、自分の中において義務教育の効果というものも、多少は垣間見る事ができる今日この頃です。(笑)

カレーです。「スリランカカレーの特徴はココナッツミルクを多用してマイルドな味・・・」フムフム。ホッカイドーにある具だくさんのスープカレーでもなくもちろんルーカレーでもない。スパイシーで色んな味わい。辛さは選べるようです。レベル「3」でした。隣のテーブルのレベル「5」のカレーを食べ、お子様に良い躾をしているであろう父さんは「辛い」と言っていました。「3」でよかったです。そのレベルでもHOTします。ははは。

$ゆるくないべさ Vol.2
カレーに多くを語る事もできないのですが、きっとこれぞチャイ。インドの旅が好きな輩が嬉しそうに語っていた「むちゃくちゃ濃い紅茶のミルクティーで、しかも、これが甘いんだわ。」まさにそんな感じ。

厨房は国際色豊か。

味音痴のバカ舌は違いが判らないもので調べましたら、こんな記事がありました。
知らないことの方が多いので、気が向いたら生涯勉強です。