読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

だもの。

ラーメン 手稲区

$ゆるくないべさ Vol.2
竹本商店 つけ麺開拓舎 札幌店
札幌市手稲区富丘3条2-10

「つけ麺」を屋号に冠しているのに、ホール係のチャンネーにオススメされてもつけ麺をオーダーしない、いろんなところが曲がっているのもにんげんだもの。

最近話題の「海老」ですが、ホンモノのTHE伊勢海老と格闘したこともなく、ホッカイドーで獲れる南蛮海老の馴染みが多く、居酒屋や回る寿司屋でほんの少しだけ口にするボタンエビとも違うんだろうなぁ。あー、余市のカキザキ商店へ・・・そのうち行けばいいか。

$ゆるくないべさ Vol.2
まるはさんっぽいこのドロドロ感。まとわりつく。そうか、これが伊勢海老風味なのか。これは此れで旨いな。

$ゆるくないべさ Vol.2
メニューにセロテープで貼られた紙をはがしたくなる。にんげんだもの。(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
連れに「煮干しそば」のミッションを与えたのですが、「濃厚」もここまで来ると、馬鹿舌には強烈。ごめんなさい。

$ゆるくないべさ Vol.2
もちろん、分かち合うことも大切で、与えたミッションに反省しつつ思うのは「何でもホドホドがいい。」非凡は過ぎたるは及ばざるが如し、平凡な日々が続いてほしい。そんな願いをつらつらと思う日もあります。にんげんだもの

$ゆるくないべさ Vol.2