読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

容姿。

ラーメン 白石区

$ゆるくないべさ Vol.2
麺屋 おざわ
札幌市白石区菊水6条3丁目1-22 I'Sコート 1F

容姿がいいということはいいことです。こんな容姿に生まれたならば、人生も大きく違ったのかもしれません。そう思ったところで、いまの自分が幸せなのは、偶然ではなくこの容姿でいいんだよという必然が待っていたのだと思うことにします。
昨今の若者を見れば、言葉遣いに違和感を感じるものの足は長く顔は小さめでオサレな感じな方が多いです。(もちろん例外も多々あります)食い物の差なのか生活様式の違いなのか謎は専門家の研究に任せるとして、「それは個体差の問題で・・・」ということにしておきます。
一例をあげれば、同じ年数であっても、我が家のボンズがスーパーの特売で買ってきたパックの牛乳を井飲んだ量と、自分が農家で仕入れた一升瓶入り「生絞り濃厚牛乳」をエブリデイ飲み続けた量は明らかにこちらの勝ちです。がしかし、今じゃ身長差15センチほど。自分が小動物なだけでした。(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
ラーメンです。遺伝子が息づいているのはアツアツの油膜とモチッ、プリッの麺。生姜も生きている。炒めたヤサイの香りはイイワァ。

$ゆるくないべさ Vol.2
マー油がアクセント・・・!?

$ゆるくないべさ Vol.2
塩出さないのかな・・・
関係ありませんが、足が短いのならドアを開けたら段差に注意。

丼のマイルドな容姿に惑わされず、油膜の下のスープの熱さにも注意です。