じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

利己主義。

モエレ沼公園
札幌市東区モエレ沼公園1-1

今年も色々とありましたな。

 一人で香川県までダンガンでうどん食いにいったり、日帰りだと言われたラーメンの遠征で帰りのフェリーが欠航になって唖然としたな。(笑)
 社会保障制度をフルに活用するお局様のおかげのドラスティックな展開の配置替えがあり、根性決めて向き合えば、もろゆとり世代のアンチャンの面倒を見るとか、日本語が下手な元ヤンキーの挑戦的な台頭!?(笑)
 出先には偉そうにしてる本店の奴が気に入らないので噛みつき、事実関係を洗いざらい公表したら謝ってきたっけな。大人げないことをしちまったぜ。(^o^;)
 暮れは暮れで身近な方のご逝去だったり、酒の席で「関係ない」と吐き捨てられても遠方までクレームのお手伝い。(休日出勤の代休ナシ・・・)
まあ、いろいろあったわ。

 気になるのは、どこでもかしこでも間違った「個人主義」の横行。思うに、他人の存在ないし主義主張を認めたうえでの「個人主義」なんだと思うのだけれど・・・、もちろん「個」は尊重されなければならない、でも結局は「利己主義」なんだな。「自分さえよければよい」というやつ。買い物へ行けば、お店の方に「金払っているんだからよ。」という横柄で高圧な態度。「就業規則に認められているんだから何が悪いんですか。」周りに何が起こるかなんて関係ない。「カネがなかったから。」だからって他人を殺めていいわけないしな。
 一国の総理大臣が神社に参れば、イコール軍国主義だとわめく隣人。揚句の果ては、マスコミに踊らされ一緒になって騒ぐ日本人。(笑)自分だって氏神様やら北海道神宮に行くけれど、暴力や争い事は好きじゃない。

 そうはいってもね、おかげさまで家族みんなが健康です。ゆっくりだけれど走ることができ、美味しくラーメンが食べられる体があり、住む家があって、少しだけのお酒を飲むことができるわけだから、幸せなもんだわ。これも利己主義かな。(笑)

今年お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。よいお年を。

頑張って打った蕎麦食わなきゃ。