じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

小市民。

麺屋 彩未
札幌市豊平区美園十条5丁目3-3

多くを語る必要はないです。「ぅッ。旨い!」

店内改装したおかげか、外で待つこと7分。ところてん式の店内椅子待ち14分。カウンター待ち3分。都合、24分でたどり着いた一杯。幸せ。

偶然ですが、食後やおらコートを羽織りカウンターから撤収。御代を払わず出店したけしからん輩がおりまして、観察するとカウンター内の姉御が後を追い見事に回収。悪びれもせず苦笑いもせず店内に戻りました。
ただの「うっかり」なんだろうけれど・・・

どんなラーメン屋さんだって、基本数百円の一杯を売って生計を立てているんだから、そりゃまずいでしょ。

ラーメン屋さんのご利用は計画的に。財布の中身を気にしながら確認の上チャーシューをトッピングしてもらうくらいが、小市民の務めというものです。