じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

健康。

大和
札幌市清田区北野五条2-2-16 第八邦人館  1F

どんどん降り積もる雪。こんな体をしていれば、除雪機いらずなんだと思える厨房です。"健康な蕎麦"というものがあるのなら、具現化した状態はこのような麺相で、財布にも優しく、旨いわで食べる方はストレスのない嬉しい人生を送ることができるのだと思う次第です。

加水が少ないだろうにスムーズに軽く流れていくのどごしの良さ。蕎麦の香りと食感。シンプルにして鶏油の浮く旨みひろがるつけ汁。薬味のおろし生姜も嬉しい。

この辺でこれだけ降っていりゃあ、あの辺はけっこう大変なことになっているべな・・・体育館で汗を流しても、恨み・つらみ・嫉み・妬みの裁きを・・・事を憂い、帰宅すれば、案の定クルマのスポイラーは雪をかき分ける状態。
ちゃーんと雪かきで汗を流すことができ、おまけに、感謝の言葉をいただける。こちらの方が、健康を保つという観点から行けば、ストレスのない嬉しい一日の過ごし方かと。(笑)

しかしまあ、良く降りますなぁ。