読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ダーっ。

麺屋 丸鶏庵
札幌市西区山の手6-6-2-11

降り積もる雪との格闘の季節がやってきましたが、「いつなんどき、誰の挑戦でも受ける。」といったイズムは持ち合わせてもいないし、隣の奥さんが本位がどこにあるのかわからぬ、受け止め方によってはある種の嫌味的除雪方式など放っておくことにします。

外に出れば「これそれ一体どちらに問題があるのか。(`×´)」と詰め寄るオネイチャン。ふふ〜ん。「この場合二択という質問は適さないのではないのか。」と質問に疑問を投げかければテンション上がり気味。困ったもんです。(笑)

そんなときは真っ白な雪と黒色のラーの間に身を置くことにして、サッポロブラック。≧(´▽`)≦

いやはや、旨かった。
見た目と違うすっきりとした味の濃さ。旨みとコクの深さ。壁に掲げてある調理師免許を見れば、なんとまあお若いこと。こんなラーメンが作れる自由な発想。素晴らしい。
自宅の屋根の雪が隣家の僕の家の庭に落ちようとたかだか除雪でセコイ圧力をかけようとするおばちゃんや固定観念に支配され選択肢がやたらと少ない貧困な発想のオネイチャンには絶対に作れないんだろうなぁ・・・(笑)

全く興味のない占いに、「女難の相が出ている」と書いてあったのかもしれません。
あと3か月もしたら春。雪にも女難の相にも付き合ってやるか。ダーっ!(笑)