読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ほどほど。

丸亀製麺

ヒトの行動はたまた活動を数値化する季節がやってきました。しかしまあ、係数で見るとガンバッていても結果が悪けりゃそれでおしまい。損か得かは人のモノサシ。資本主義も共産主義も〇☓▽思想の所産のようで、どちらも経済的欲望を満たすために組み立てられ、異を唱えることは悪で、八百万の神々に感謝し損得勘定なく他人を思いやり、他者の所作ふるまいを穏やかに受け容れ許すことができるであろう情緒豊かなニッポン文化は、開国を境に流入する異文化に翻弄される結果となり、声が大きい、あるいはしたたかな守銭奴たちの啓蒙活動により知らず知らず金拝主義へと誘われているようです。
あんな穏やかな顔したフランシスコ・ザビエルは、当時の覇権国家スペインのアジア植民地化・進攻戦略の先兵であったとかなかったとか・・・。

すっかり、この守銭奴が組み引いたシステムレールの上に乗っかり生計を立てるすべしか持たないサラリーマンにとって、丸亀製麺は正義の味方なのかもしれません。

美味しくなった「カレーうどん」。確かに、ほどほどの辛さ。ボンカレー(中辛)風味で旨い。

欲を満たすことばかり求めず、ほどほどの結果でもいいじゃない。

そんなこと考えているから、結果が悪いのか。まあ、いいや。(;´▽`A``