読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ジムニー 〜其の壱〜

自動車部

JIMNY JB23

雪降る季節がほぼ終わリかけたころ、発注後2か月たってようやっと納車したジムニー
ネットで探すと、いろんなことしていらっしゃる方がいるもので、「学ぶ」は「まねぶ」なわけで真似してみました。

購入
?スケール(家から持ってくるのを忘れたので)100円(税別)100円ショップ
?塩ビパイプ TS継手ソケット 外径φ57mm×100mmくらい180円(税別)ホーマック

手順
?ホースバンドの取り外し。
?ゴム製のサクションパイプを取り外し。
?困ったときのクレ556を塩ビパイプの差し込む方の端部にシュッとスプレー。
?グググイッと押し込み、元の場所に戻してホースバンドの取り付け。
所要時間
10分かからない。(笑)

効能(気のせいかもしれません(笑))
?ゼロ発進時のモタツキが減った。(ビューンというほどでもないけれど、ありがちのモワ〜ンとした感じは改善)
?出だしのトルク感がアップ。(およそ3000rpm領域まで)
?安い。お手軽チューン。
?差し込んだだけなので、すぐもとに戻せる。

同じようなことを考えていらっしゃる方もいると思うのですが、ボクのように無駄遣いしないようにスケール持参でホームセンターに行けば、180円の投資とほんのちょっとの手間で、低速のレスポンスは良くなります。

まっすぐ空気を流す事になるから蛇腹形状ホースの空気の乱流低減、ゴム製パーツのブースト膨張影響を減らすってことにもなるはずなので、理屈の上でも効果ありそうな気がする。

*あくまでも個人的な感想です。トライされる方は自己責任でお願いします。