読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

鍛。

そば処 藍
札幌市南区澄川4-5-1-3

このお店に罪はないのですが、昨年の暮れに辛い思いを味わった町で生産された蕎麦のようです。失礼しました。
あの辺りも冬は寒冷で夏は高温。寒暖の差があってきっと美味しい蕎麦ができるんだと思います。人にとってはこの寒暖の差ってやつが手強いわけで、何でも劣化因子の一つは「温度差」なんだと持論を展開し、今の高断熱、高気密、セントラルヒーティングの設備が整った家の「どこへ行っても同じ室内温度」というのは非常にありがたいもので、石化エナジーの高騰がどうだろうと、ホッカイドーの人は許されるなら手放さない方が良いと思います。
そりゃま、内地じゃ桜の便りも聞かれる頃ですから、なんぼホッカイドーでも「寒」は過ぎたのです。
寒暖の差で鍛え上げられた蕎麦です。

このDXな天丼とセットで850円。
そりゃあ、蕎麦はもちろん旨いのですが、えび・シイタケ・アスパラ・ナス・カボチャetc。なまら旨い天丼。素材の旨さ。天ぷら上手だなぁ。(ゴハン少な目)

鍛え方が足りないもので、暑さにも寒さにも弱い。そうでもないか。寒いほうには比較的対応できているか。(笑)

にしても「美幌」か・・・。あんときは・・・。そう思う時点で鍛え方が足りない。(笑)