読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

祝。

ラーメン 北区

なかじま
札幌市北区北35条西4丁目1-1 サトービル1F

出歩けば、ここぞとばかりにどこかぎこちないイオンで売っているようなピンクの洋服を身に纏った母さんママといつもより整髪料多めの父さんパパと元気なお子さんのきらきらとした笑顔が歩道を歩いていました。晴れてよかったハレの日です。
自分にはすでにまったく関係ありませんが、そんなハレの日はラーメンです。世間じゃ値上げがどうだとかいろんな話はありますが、旨いなぁ。ハレの日でもそうでない日も、祝福しちゃう。(=⌒▽⌒=)

誰しも祝福され生まれてきたはずで、きっと自分もそうやって、節目節目のいろんな「式」でも祝福されてきたんだろうなと思う次第です。祝福してくれた方々に感謝。
ご入学おめでとうございます。

先日「同行をお願い・・・。」と言っていたので、「んじゃ今日いいよ。」といったら、後輩のアンチャンが焦ります。あらそうだった、一年生のパパでしょ。

昼過ぎに帰社したパパと車に乗り込めば、しらばっくれて入学式に行ったことを隠そうとする。お見通しだ。でも、それでいい。そうすべきです。隠さなくったっていいのに。(笑)

だいぶ前に、面白おかしく親が出してきた昭和の時代の一年生の写真。白黒ってところがレトロ。まだまだ、実家には恥ずかしい写真あるんだべな。(笑)