じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

シンプル。

特製やみつきチャーハン
セブンイレブン

シンプルにこれが「チャーハン」だと言わんばかりのちょいと濃いめに味付けされたチャーハンでした。

シンプルでないのは、夕刻の打ち合わせと称したプチ会議。他の部署主催。資料を見て唖然。この縦横のマスにどれほどの文字が書き込んであるのか。こうなりゃ、読めなくとも定規を当てつつ第六感か透視能力あたりを活用して読み取るしかないわけで・・・

しまいに、「悪いんだけれど、この資料もう少し見やすくしてくれない?初老の目にはキツイ。」と言ったところ、主催者アンチャンが逆切れ。「項目を削除するわけにいかないんです。本社から求められている内容ですから・・・(`×´)」「そうでなくて、使わない項目はデータ上残したままにして、プリントの際見えなくってもいいわけで、必要な部分の文字を大きくしてほすい。」ということだと説明してもフクレる始末。

彼にとっては、どんなことがあろうとすべての項目が大切で、自分にとってはこのプチ会議に必要な数点の項目だけ見えることが大切で、どうも、彼にとったら自分のシゴトにケチをつけられたような気になっていたようでした。

ただ初老の目にも優しくしてほしいだけだったのに。(笑)

普段の彼を見ていると、わざわざ面倒くさい思考を繰り返しメビウスの輪の如き自問自答の繰り返し。いつも悶々としている。
まあ、そんなジャンルのシゴトで大変なんだろうと思ってはいますが、その場、その時、必要な事柄とそうでないもの。区別ができない。加えて老眼の人のことを思う。ましてや、素直に最後まで人の話を聞けない。それって、お子ちゃま。(笑)(パパだけど)

己のベクトルがすべて正しいわけではない。今日も勉強させていただきました。(笑)

複雑な事柄はシンプルな事象の積み重ねと組み合わせで発生するのだから、基本はシンプルでいいと思うのです。