読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

雨。

うどん

一忠
札幌市西区発寒14条3丁目5-12

こんな雨の日だってのに、どこをうろついているものか・・・。雨の日だからうろつくのか。そんなことはどうだっていいのですが、助手席から「ラーメン以外ね。」と、ありがたいお言葉を授けたにもかかわらず、つけ麺。いやいや、小麦粉料理の釜揚げうどん。
迷いがないということも必要なのですが、慮るという漢字は書けやしなくとも、それなりにまあ感受性というのか趣旨を理解すれば違う選択肢もあっても良さげな気がします。

そうは言っても、置かれた現実を嘆くより前向きに楽しんだ方が良いので、「んだよ、そのけち臭い生姜のおろし方は。(笑)」とダイナミックに生姜をおろして見せたりします。

何はともあれ、旨いうどんですコト。

ちょいとググッたら、「香川県で人口10万人あたり65.96軒」のうどん屋さんがあるようです。香川県ってすごいんですね。
北海道は人口10万人あたり40.21軒のラーメン屋さんがあるようです。(どんな前提、基準かはよく読んでいません。本場と称して東北に負けています。)

なんだかとりとめがない話なのですが、小泉今日子の笑顔が気になるの雨の夜です。