じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

無理。

シャカリキ
札幌市豊平区豊平4条6丁目1-18

世間はワールドカップで盛り上がっちゃっているのです。こちとらサッカーの事なんぞ良く知らず、手を使わずにボールを蹴飛ばして点を取って楽しむゲーム?程度の知識しかなく「オフサイド」というやつは「待ち伏せ」はけしからんという趣旨の反則行為だということを昨日の朝刊のコラムで知ったばっかりです。なにはともあれ、アブラマシで盛りあがっちゃいました。(笑)

おーし、今朝は少し走ったし、明日の朝はTVの前でゴロゴロできる体力づくりが完結。(笑)

全くラーメンとは関係ありませんから、スルーしていただいて結構です。
盲腸で切腹内視鏡手術を受けた王子さまからメール。"明日(15日)退院。その後二三日安静にしてから・・・なわけで、来週水曜日出社します"おいおい、それって、腹痛くなって病院ダイブを一日目として計算したら10日!?翌日には、切っているから、切ってから9日。!!
いやはや、いい時代になったものです。
平成生まれの我が家のボンズは、小学生の時、朝腹痛くなって、午後切腹手術。一晩停まって、翌日脱出。二三日学校お休み。程度。
決して父親サディストだとか入院費が払えないもんで・・・という理由ではないんですが・・・(笑)

そりゃ、痛いだろうけれど「月曜日(16日)出社します。が、内勤でできるシゴトでよろしいでしょうか。」「イーヨ。」とかなんとかならないもんなのかね。以前、聞いた彼のパパは年齢的に僕と同じ昭和の年代のはずなのですが、なんまら暖かく見守っているのね。

たとえば、出社を促したらパワハラで訴えられるのかな。

未来を憂いてもしかたないのですが、世帯を持ち子を持ち、生業をもっているのなら、多少の無理ややせ我慢が男の面子ってもんだろ。ヾ(。`Д´。)ノ

コント赤信号の渡辺氏は、コーラの一気飲みの秘訣は?と聞かれて「無理とがまんです。」と、答えていました。

醬油少な目アブラマシ。安定した旨さ。この醬油は完成された味だと思います。生意気ですが、頑張っているからクオリティが維持できているんだと思います。幾多の苦労や辛さがあったところで、顔で笑ってココロで泣いて。

前出の王子様が一杯の丼に想像力を働かすわけはありません。(笑)