じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

意志。

おとん食堂
恵庭市漁町13

朝からWCサッカーの結果を受けて不機嫌なのか、おかあちゃんとうまく行っていないのか、自分の意志にはそぐわないと不平不満を語る方の不機嫌そうなカオを拝見するに、まあまあ、そう言わずに・・・他人のせいにしたいのもわからないでもないけれど、未来はそんな悪くないから。しかしまあ、たいした叡智が無く突っ込みどころ満載であろうと、声のデカイ奴の主張は疲れるもので、その脇で、しょうもないやり取りが耳に入ったのかニヤッとしながら黙々と働くおっさんの姿の方が美しくもあり頼もしいものです。

ロックオンしたお蕎麦屋さんがお休みなもので、ほかの選択肢があるやらないやら、意志にそぐわず兎に角ラーメン突撃。(笑)

「小鳩」ラーメンです。
もしも「大鳩」という鳥がいたら、大通り公園でパラパラっと撒かれた焼きとうきびに不満を持ち、手に持つ焼きとうきび一本丸ごと狙って襲われたりするか?と妄想に入る次第です。

そういえば、現実は、「御社の了解を得て・・・所得税を取り返すことができる・・・」などと、100%所得を把握されて納税の義務を負うサラリーマンに対し、「日本の税制に抗う方法がある。」という、かわいらしい声のオネイチャンからの迷惑でバカな電話勧誘がありました。
「ほほー、んじゃ、二三質問するけれど、いいですか?」
?失礼があるといけないので、「御社の正確な社名」とお宅様の「お名前」は?
「ハイ、〇〇会社の▽△と申します。」メモメモ
?弊社のどの部署の誰に承諾を得たのですか?
電話の向こうは「・・・・・、ツー」

シゴトである以上、誰かの役に立つ行いでありたいものです。
少なくとも、他人に損をさせて利益を得ようとするけしからん商売のようです。

「小鳩ラーメン」は、狙った蕎麦屋さんの定休日の憂き目に会おうと、僕にとっては間違いなく、頼もしくもあり、役に立つ存在だと言えます。(笑)