じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

解釈。

かに御殿
白老郡白老町竹浦96-2

せっかく手間暇かけてしたことの結果がどうであろうと、そんなときもあるのです。ノーテンキな前向きが「そこでいいんじゃない。」デンジャラスな気がするのですが、そこはそれ、あれはあれですから、バスの運転手さんとガイドさん以外は某国の実効支配下に置かれた空間としか思えない状況です。こんな文章を書くと自虐的な教育を受けた方は、はは〜ん、そういう人なんだと思うかもしれませんが、どう思ってもいいのです。憲法解釈とは関係なく、ラーメンを解釈してみることとしました。

スーパーの生めんタレつきを忠実に再現した感がありますが、おーっとどっこい。ここはホッカイドーですから、ホタテ・コーン入り。

やります。いっそのこと味噌味にして、カニ・イカ・イクラ・シャケ・ジャガイモのトッピングも試してみたいものです。(笑)

先日の会議の提言が、物議を醸しだしたようです。(笑)
理路整然とした反論ではなく、そこにあるのは自己本位であるが故の矛盾に満ちた屁理屈と意地。
自分のココロに潜むトラウマだか弱さを覆い隠すための虚栄。意にそぐわなければ攻撃する。つるむ仲間を求める。裸の王様。本当いうとアナタは、みんなの気遣いで生きているヘボい小さな存在であるということを気づいていない。取扱注意。天地無用。とされているのが心地いいんだろうね。(笑)

しかしまあ熊った困ったもんです。

そういうなかれ。雨風をしのげる家がある。少しだけの酒が飲める。ラーメンが食える。何より命が続いている。いいじゃない。