じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

脱帽。

ぶたいち 帯広白樺店
帯広市西18条南2-9-162

ラーメンばっかり食べたいわけでもないので、トカチネイティヴに「何でもいいよ。リクエストある。?」と聞かれたもので「じゃ、豚丼でもいっすか。」「いーよ。」と誘われれば、迎える幟と券売機は・・・おまけにゴッチしてくれるというネイティヴはラーメンのボタンに指をあて「ね。ご飯と、麺の違いだから。」とニヤリ。(音更店は豚丼しかなくって、ここはラーメンもあるから、食べてみたかったそうです。)確信犯です。(笑)

結局ラーメンばっかりです。(笑)

この一杯を微妙な食べ物と思うなかれ。おそらく味噌系で下味をつけたロース肉を秘伝のタレで炭焼きしたチャーシュー(うーん・・・やっぱ焼肉だわ)をタネものにしたラーメン!?味濃いめファンならきっとはまるかもしれない。1+1=3的一杯に脱帽。

トンカツが載っている一杯だってあるんだから、焼肉がのっかったところで大勢に影響はないはず。

心残りなのは、味福の中華ちらし、平和園の焼肉、インデアンのカレー、鳥せいの焼き鳥・・・餃子の宝永・・・名物に旨いものあり。日帰りで征服は至難の技。(笑)

豚丼&ラーメンというセットメニューもあります。

こんな時間です。クランベリーのスイートポテトは、明日、「トカチ名物は日帰りじゃ征服できない無念と邂逅の念」ををかみしめるには我ながら良いチョイスで、味わい深い甘さであることを祈る次第です。

また行けばいいか。