じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

未来。

侘助
札幌市東区北21条東16-2-29

何が食いたいと聞けば「坦々麺」!おー!そりゃ、はらたいらに最後の問題で1000点かけて3倍のポイントをもらって、今までのゲームは何だったんだ・・・という、ダチョウ倶楽部的どんでん返しで喜び勇んで侘助さんです。

時間軸を並べると、ざっくりですが、過去・現在・未来。「過去」を検証可能な「現在」は、どんなこと、いろんなことがあろうと過去の延長線上にあると認識されます。しかしながら、「未来」は「現在」の延長線にあるとは語られないわけで、こんな坦々麺こそ、過去、もちろん今も、そして未来にもその存在を確固たるものにしてほしいのです。旨いんだから。

色んな議論があります。どこかに真実はあるんでしょう。「反対」を前提とした中での想像力たくましい理屈の構築。
他意はありませんが、ヒトが作り出したもので、あらゆる意味で安全なものなどあるわけはない。なぜなら、ヒト自体が善と悪、両方の側面を持った不完全な生き物だからです。
感情があってはいけないとは思わない。ただ、ヒステリックに見えるだけです。

暑い夏はピリッと坦々麺。そんな幸せが過去から現在へ未来へずっと続いていくことを祈る次第です。