じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

辛。

麺や かずま
札幌市東区北16条東7丁目1-36

昔っから同業他社が交差点の角地で対峙して出店するのはパチンコ屋さんだと思っていました。しかも、味噌ラーと辛味噌ラーがおすすめ。だとは恐れ入ったのですが、すすめられたからにはしょうがない。

沈するレンゲ。

濃いめの「味噌」です。これにラードと生姜風味を利かせて・・・そんな無粋な想像は想像として、妄想のようなものですから放っておいといてください。。これほど「味噌」が主張するのも珍しいかな。
世間はPM2.5で騒いでいますが、御多分にいもれず、モエレ沼公園にも、もやもやっとした光景が垣間見える次第でつ。同じPMなら11PMの方が嬉しいわけで。

時代は変わり何でも外からやってくる。国際化はしょうがないなどと叫んだり、期限切れの鶏肉やカビの生えた牛肉。やっぱりあのクニはモラルが・・・などと思うのも真理でしょうが、「安全」を犠牲にしてまで「安い」を求める消費者。(その一人です)安いからと、〇華スマホをちょして遊んでいるジブン。(笑)

そんな事とは関係なく、今のご時世三味ワンコイン(500円)は、凄いでつ。
この角地に、「辛味噌ラーメン」戦争勃発?。争うんでなくて、熱く盛り上がるくらいを心の置き所としていただけたらありがたいものです。

ちなみに、辛いのはニガテなので巻き込まれることはありません。(笑)