読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

香。

竹本商店 つけ麺開拓舎 札幌店
札幌市手稲区富丘3条2-10

人生には、上り坂、下り坂、そしてもう一つ「まさか」という坂があることを自転車に乗ればわかるのです。
もっとわかることがあります。いろんな空気の臭い。焼肉屋さんの横を通れば白いゴハンだけで食事がすんでしまう。鉄工所の横を通れば溶剤の臭いがする。すれ違うきれいなチャンネーのメリットシャンプーの香り。

自転車に乗らずとも、わかっているのはこの一杯。旨かった。完つゆ。(汗かいたからいいか。(笑))

思い起こせば、このクロスバイク納車記念で岩見沢の「らい久」さんへ一人ツーリングの帰路はなまら辛かった。(往復80キロくらい)馬鹿なことをしたものです。
しっかりと反省は生きており、標高の高い札幌の高級住宅街までは上り、この一杯の後、自分の住む「出水のおそれのある区域」と指定されている低級住宅街までは下り。我ながら、いいコース取りの37Km。(とはいえ、途中で三角山登ったしな)

朝ラー野郎風ショット。師匠、下手ですみません。

明日の筋肉痛がホドホドであることを祈ります。(笑)