じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

悩。

かつてん 江別店
江別市緑町西1-120-1

悩むこともあります。なかなか、オーダーが決まりません。

「昼ですね。どこがいいですか。」「いいよ、まかせるよ。」の一言が、蕎麦からも、ラーメンからも(本当は蕎麦メニューありますが、隣で食べているのを見たらトキメカナカッタ・・・)遠ざけさせてくれる江別ネイティヴの王子様。

そうは言っても、サクサクのトンカツ+α。この値段、この味。というのは、フジタコーポレーションさんもやるものです。決して、フランチャが悪いわけではなくて、どこへ行っても高いレベルでクオリティが安定しているというのも、アリだと思います。
たとえば、平岸あたりで、遊んでばっかりいる娘さんをお持ちの店主が厨房内でぶつくさと母さんに文句を垂れながら作るラーメン屋の不安定な一杯(昔話ですから気にしないでください)と比べれば遥かに安定の味だからです。

「ちょっとタレ濃いめだよな。」と呟けば「ヤマオカの味濃いめ、脂多め、を飲み干す人が言う言葉ではないんじゃないですか?」(笑)

王子様も成長したものです。明日もまた一緒に江別。もちろん「まかせるよ。」はナシです。(笑)