読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

NO!。

丸亀製麺

このところ、早い・安い・旨いの、吉牛は遠くになりにけり。なわけです。先日腰を揉んでくれた方が、「・・・その当時は、さいぞうさん(本名)のバイト代の時給より、吉牛の特盛の方が高かったんですね。(笑)」というコトバを思い出します。
為替レートの加減で、あの何とも言えない旨さを醸し出す米牛肉の価格も現在と違っているんだと思いますが、よほど儲かっていたんでしょうね。今じゃ、ファストフード業界の中で窮地に追い込まれた感があります。
おまけに、うどん屋さんがこんなことやっている。

この組み合わせって牛丼でしょ。もちろん、別皿の「肉盛り」は饂飩の上に載せられ、ぐっちゃぐっちゃにされる運命なのです。
(‐^▽^‐)

仕事じゃ、またもや、理不尽で意味不明な依頼に憎まれながらも「NO!」と言わなければならない依頼。

帰宅後、迎えてくれたのは「この前買ってきてくれたこれでいっしょや。」・・・
昼と似たような炭水化物の提言に「NO!」と言うことができない・・・、炭水化物が染みる夜です。