じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

歩。

手稲山北尾根ルート(滝の沢)

世の中には恐ろしいことを考える人もいるもので、ここにもトレイルランの強者。こちらは、ヘナチョコなので、「山は歩くもの。走るものではない。」という家訓(笑)を胸に汗だくでお散歩。
本当は、ハイランドあたりから、ちょいと歩いて羊蹄山でも観に行こうかと思ったのですが、少し空がかすんでいたので、遊歩道探検。

熊が出たらしい「分岐点」です。

滝の沢。来たかいがあった。きれいです。どこに熊がいてもおかしくない山の奥。

惜しむらくは、「見晴台」の見晴らしの悪いこと。悪いこと。きっと冬になれば、草木もすっきりしてるべ。手稲本町側から登れば絶景間違いなし。ロックオン!

また行けばいい。

アップダウンの激しい11キロのうち8キロほどを2時間半で汗だくで歩き。歩けるだけでも健脚者。決して走ってはいけません。(笑)