読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

違。

そば ほし乃家
札幌市西区西町北12丁目7-10 北友ビル1F

交差点でポールポジションをゲット。心地よい青空の元、シグナルはグリーン。エコと云う名目のちっこい車のアクセルを踏み込めば、ミラーに写る赤い回転灯。”誰捕まえようとしてんのかな”とアクセルをジわっとゆるめてやり過ごそうとしたら、横からサングラスの奥でボクにガン飛ばして(いたのかな)、やや茶髪気味の髪なびかせた方が操舵する白いホンダのバイク。回転灯を消し走りすぎる後姿のかっこいいこと。狙われたのかな?(笑)

こんな感じです。

♪交差点でアクセル踏込む俺を見て 赤灯まわして追尾する

  もしかしてだけど もしかしてだけど
    指紋とメルアド欲しかったんじゃないの〜
  (笑)

失礼しました。σ(^_^;)

やっぱり手打ちそばは、いつなんどきでも素人を越えたところにあってほしいもんです。
長さ、食感、味。いい蕎麦でした。こんな蕎麦打てたらいいです。

そばつゆは、マックスバリューじゃ客が入らなくなったので、安売りの業態に転換したビッグで入手する素人ですから、蕎麦湯で割ったそばつゆにも敬意を表したいと思う次第です。

旨かったです。

このお店にもバイクありました。前出の白バイねいちゃんといい、もしかしてだけどバイクへの誘い。(実は、バイク王に渡さずまだ車庫に置いてあります。)

あのカッコイイ白バイねいちゃんと、ツーリングしてみたい。と思うのですが、彼女は仕事で警らちう。遊びでないから、やっぱダメか。(笑)

たまの遊びの蕎麦、毎日のプロの蕎麦。違ってくれてありがとうございます。頑張ります。