じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

遥。

ほくほく庵
夕張郡長沼町西4線南5

この辺は昔よく通りました。高速道路が道東へ伸びていない時代、"札夕線"っていうやつ、樹海ロードってのもなかったし、江別→長沼→由仁→夕張→穂別→日高→清水・・・釧路まで7時間。(;´▽`A``
道東ってやつが遥彼方にあったわけです。今じゃ、F1レーサーでなくっても4時間台でたどり着く。ありがとうJH。

そんな思いを思い出させてくれる通りを横に入れば、畑の桟敷席はラブリーな方たちに占拠していただいて結構です。あまたの饂飩の中でもけっこう好きな饂飩です。

巷じゃ、地方再生などと頑張っていますが、この借景に溶け込みトラクターを操る父さんはこれからどうなるんだろうか、老齢化著しいニッポン社会において、経済の拡大にしか興味がなく日々数字に追われ右肩上がりしか念じない。あるいはそれこそが「成功」であるという観念はどうなんだろうかな。

安サラリーをもらって生きている術しかないジブンが、今の時代のよしなしごとを憂いても仕方ないけれど、事情が許せばここで四季折々の風景を見ながら、饂飩を啜る時間を持ってみるのもいいんでないのかな。

また行こ。ヽ(゜▽、゜)ノ