じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

不似合い。

手打ち蕎麦 こはし
札幌市中央区北十条西21丁目1-2

このお店には不似合いなのかもしれませんが、そぼ降る雨の中、この辺に来たんだからしょうがない。おかげさまで、少しだけ小遣いも残っている時期ですからミシュランガイド北海道 一つ星 ヾ(@^(∞)^@)ノ
しつらえもいいです。そんな中、決して、上長がどうしたとか、10月から厚生年金が上がって・・・、灯油高いからどてらでも・・・、などと云った日々のよしなしごとをつらつらと語る場ではないことは確かです。写真はイマイチですが、この時期のこのお店の一杯。(失礼。いつでも旨いです。)なんまら旨いべさ。

なんですが、以前来た時もそうですが、ゴルフ談義をするダンデーな父さんとグルメ談義をする有閑マダム的なきれいな母さん方の集う場所のようです。一夫多妻主義に憧れを持ち、日本の一夫一婦制に反旗を掲げる「昼顔」状態になったらどうしよう・・・と心配しても向こうにも選ぶ権利はあるわけで、
「年に一度くらいお高い蕎麦を食べたってイイジャナイノ〜」
ダメヨ ダメ ダメ!
純粋に蕎麦を楽しんだ方がいいんです。

いたずらに不遇、不幸を嘆くより、自ずから進んで嬉しい場所に行けばいい。
御代以上に満足するから。

「お値段以上」は、幹線道路脇の大きなハコの中以外に、中央卸売市場の近くにもあるんです。

旨かったなぁ。