じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

疑。

よつ葉や
札幌市白石区中央1条6丁目9-1 成晃ハイツ 1階

事件は現場で起きているわけで、レインボーブリッジは封鎖できないんですよ。ムロイさん。
あるときは「人類みな兄弟」なわけで、かといってあるときは「人を見たら泥棒と思え」と言わなければならないときもあるのでしょうが、「本店のエライ奴は守銭奴と思え」というのが自分的ことわざです。(笑)

よもやそういう展開になると思いもしない昼時です。アニマル浜口風父さんの気合の入った中華鍋技でも観に行こうかと思ったら、ラーメン屋さんになっていました。時代の変化に抗わず、受け容れることにして、鶏白湯「醤油」。

鶏白湯にも色々ありますわ。自分的"いつも"と違ったっていいじゃない。清潔な店内。これはこれで成立した一杯だから「ラーメンみな兄弟」。

まあ、いろんなことがありますわ。何も考えず、ぽわーんと素直に受け容れれば、呵責もストレスもなかろうに・・・どうも疲れ気味です。明日はどうなることやら。

お人よしもほどほどに。キビシー!