じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

誘。

まこまない
久遠郡せたな町北檜山区徳島4-16 ホテルきたひやま

狙ったお店と違うところへ誘われる昼時です。屋号を見るや、地下鉄の終点かと思いましたが、ふと思い出せば200キロ以上ハンドルを握っていたわけで、春日三球・照代じゃないですが、どっから入れようと地下鉄はあるわけはないんです。

この一杯に盛られ、ラーメン何にでも合いそうなたっぷりと汁を吸った麩を口に含めば、蕎麦・饂飩、ファンキーな頃の片岡鶴太郎状態で嬉しかったりします。

「意外と」と言ったら失礼ですが、食い物に無頓着な御仁のチョイスもわりとやるモンです。(笑)

ただの「きのこ汁」は100円。「ねぎ」トッピングで120円。旨し。

いやまあ、少しだけ人気があったりで、「早めに終わったから休んでいくべ。」という悪魔のささやきやら、噴火湾付近在住の親分は、「食べきれなかったら、イヌかネコに・・・」?堯?( ̄0 ̄;ノとホタテくれるわ、休憩やら天敵からの電話やら・・・

いつまでもあると思うな人気とシゴト。

都合450キロほど。

いい人もたくさん。誘惑もたくさん。温泉?見ただけか、入浴したのかは、皆様のご想像に。(笑)

羊蹄山はいかったなぁ。タヘな写真でスミマセン。