読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

我流製麺。

我流製麺

前回は少し細すぎたので、太目にしてみるべか。
「太すぎでしょ。」(笑)

20分茹で上げ、水で締めたところで・・・・・こらまあ、太過ぎ。(笑)

あと2〜3ミリくらい薄く延ばせばいかったかもしれません。

饂飩ってやつは、延ばそうとしても手強く「元が〇なら四角くなってやんないかんね」と跳ね返ってくるグルテンパワー。でもって、寝かす際に角出し風に四角く延ばして寝かしてみましたとさ。延ばす前がコレ。どうだまいったか。

下手なうどん被害者の会は、太さに苦情を呈しても、味には高評価。
「きっと、次回はうまく行くから。」
根拠のない自信家に、何とも言えない笑顔が帰ってきたのは言うまでもありません。(^▽^;)